歴史の教科書を少しでも覚えやすく読む方法を紹介します!

社会は暗記科目と耳にしたことがあるのではないでしょうか。
「覚えるまでくり返し読め!」と言われた子も多いと思います。

でも苦手科目の教科書を読むのって大変ですよね。

なんども繰り返し読むことで、覚える効果があるのは本当のこと。
でも、ただ読むだけだと興味がないことだと苦痛になってしまうのです。

ということで、この記事は社会のなかでも歴史の教科書の読むときのポイントをお話できればと思います。

目次

勉強はなんでも興味を持つことが大事

興味を持つことができれば、身に付くことは皆さんの過去の経験でもわかりやすいと思います。
例えば、漢字を覚えるのは大変だけど、好きなゲームやYou Tube・アイドルのことだったら覚えられる
勉強を長い時間するのは大変だけど、部活やディズニーランドでは長い時間を過ごすことができる。
などなど、好きなことなら頑張れるのは当たり前のことでもありますね。

本当は勉強が好きになれるのが一番です。けど、なかなか勉強自体が大好きで「ずっとしたい」となれないです。

興味を持つことで勉強時間も増える

苦手から得意になると勉強時間が増えます。興味を持つと勉強時間が増えることに繋がります。

勉強は触れる時間が長いことで、理解度も覚えることも増えることができます。

社会に少しでも興味を持つには

この考え方は歴史の教科書だからの方法です。
歴史は昔の人が作ってきたことを紹介しています。日本の歴史で考えると、昔に生きた人が頑張ったこととかを「ちょっとだけ物語のようにして」書いてあるのが教科書です。

歴史上の人物を近く感じよう!

結局は人がいるから、その人のことを

「身近に感じること!」が

興味を持ちやすくなるスタートです。
例えば、歴史上の人物には「さん」「くん」をつけて読んでみましょう!

「(源)頼朝くん幕府作るの頑張ったんだね!」
「(伊藤)博文くんが最初の総理大臣なんだって!]

少しは親近感がわいてくれたら嬉しいです。
友達感覚だと案外すんなりと頭に入るかもです!

スタートは漫画から入ろう!

スタートとして、歴史の偉人たちのことを遠い存在から近い存在に変えていきましょう。
「マンガを読んで歴史を好きになった!」
「ゲームから戦国時代の武将を知った!」
「ドラマで好きな俳優が歴史のことをしてた!」

など、興味を持つ最初はなんでも良いのです。自分が知っていることから入ることで、歴史という学問についても「知りたい欲」が生まれます。

中学生・高校生は教科書が手元にあると思うので、読むときには「あだ名」を付けられると一層近い偉人になるかもです。

歴史上の人物たちも「苦手」と思われるより「かっこいい・かわいい」とかのように思われる方が嬉しいと思うので、なんとか思って教科書を読んであげてください!

社会が苦手な子にビオスタディでは

社会の授業は、簡単な言葉に置き換えて授業をします!
苦手に感じている子には、少しでも身近に感じてもらうことで社会に取り組む姿勢が変わってきます。

そのときには、歴史の流れに自分がいることを想像します。
自分が偉人の立場だったらどうする?
などを考えることで、一緒に流れについても理解できます。
流れが理解できると忘れない知識になります!

社会が苦手に思っている子は体験授業にお越しください!

目次