保護者様の声

ビオスタディに通塾している生徒さんや保護者様の声を紹介します。

家での勉強習慣が全くなかった中学1年生のAくん

今まで本当に勉強をして来なかったAくんは、学校の定期テストが10点台。学校のワークなども写すだけで、自分で問題を解くことはなかった状態でした。もちろん自宅での学習習慣はなく、学校の先生の授業も「何を言っているかわからない」とのこと。

ビオスタディで提案したこと

お話を聞いていくと、Aくんは「勉強って何をすれば良いかわからない」から勉強習慣がないということがわかりました。
ビオスタディがAくんにとって、必要な勉強方法を指示。自習に来る日時も決めて、スタッフ一同Aくんを待っていることをお伝えしました。
その日ごとに5教科の学習課題を渡し、週5日の勉強習慣を身に付けることができました。

保護者様の声

「今まで全く勉強をしてこなかった子が、ビオスタディに通い始めてから、週10時間も勉強するようになりました。塾へ行った日は、とてもイキイキして帰ってくるんです。今まで全くわからなかった学校のテストも、わかるようになったと言っていました。母としても、不安がなくなりました。」

塾長

「勉強って何をすれば良いのかわからない」といった生徒さんには、ビオスタディが『勉強する時間』を管理して、『やるべきこと』を指示!私たちが『やるべきこと』を提示していくから、生徒さんは決められた日時に自習ルームに来て、与えられた課題をやるだけでOKです。Aくんはビオスタディに通い始めて、週10時間の学習習慣が身につけることができました!

学校の授業内容についていけなかった中学2年生のBさん

ほぼ不登校のBさんは、学校の勉強がわからない状態でした。学校の先生からは前に戻って勉強をするように言われ、市販の教材を使用して自分なりに勉強をしていたけど、小学4年生で学ぶ内容を学習している状況。不登校のため、家でひとりで勉強をする毎日で、母親以外とお話しする機会もありませんでした。

ビオスタディで提案したこと

1対1の個別指導だからこそ、塾では勉強以外の話題でも「会話をすること」を説明しました。塾のスタッフが話を聞いたり、褒めたりすることによって、Bさんの自己肯定感を上げていくことも必要だと感じたからです。中学生は自分の考えていることを上手く伝えるのが難しい年代です。塾の役割は勉強だけではない、ということをお伝えしました。
勉強面では、Bさんの学力状況に合わせた内容からスタートしていき、「ちゃんと正解できる」という経験を通じて自信に繋げることを目指しました。
今では勉強することが当たり前になってきたBさん。塾側が「Bさんができる課題」を作ってあげることで、ぐんぐん成長しています!

保護者様の声

「今までは、勉強はしても『何をしているのかいまいちわからない』といった状態でした。しかし、ビオスタディに通い始めてから、『集団塾ではわからなかったことがわかるようになった』と話してくれました。また、子どもの笑顔を見る機会が増え、塾で勉強したことを自慢げに話すようになったんです。そして嬉しいことに、勉強がわかるといった経験から自信が生まれたのか、勉強以外のことへも取り組み始めました。」

塾長

ビオスタディで「勉強の仕方」を身に付けたBさん。集団塾ではなくマンツーマンで授業を受けるスタイルが合っていたようです。『勉強がわかる』といった経験や、ビオスタディのスタッフとコミュニケーションを取ることによって、自己肯定感が高まり、他の活動にも意欲的になったと保護者様からお話いただきました。「勉強がわかる」のはもちろんのこと、「勉強を通じてお子さまの成長をサポートする」ことも、私たちの役目です。

受験勉強を始めたかった高校2年生のCくん

高校2年生のCくんは、YouTubeを見て、「大学に行って学歴をつけよう!」と決意。YouTubeを見ながら勉強方法を学んでいるけど、中学レベルの英語から理解していないなど、実力が追い付いていない状態でした。

ビオスタディで提案したこと

どの教科でもいえることですが、中学で学ぶ内容を理解できていなければ、高校での学習が苦しくなってきます。ビオスタディでは、Cくんに高校英語と中学英語を並行して進めていくことを提案しました。また、Cくんのできていること・できていないことを整理し、勉強のバランスを作っていきました。

生徒さんの声

「ビオスタディの授業では、英文法の基本からの復習・共通テストでも必須となる英語長文の読み方を指導してもらいました。理解しきれていない部分は、わかるまで丁寧に教えてくれてます。集中して勉強できる環境なので、効率よく学習できています。塾に通う前に比べて、勉強量も増えました。また、通っていなかったら不安なままでした。」

塾長

Cくんは、ビオスタディに通い始めて英語の基礎から学び始めました。通いたての頃は中学英語の内容から理解できていませんでしたが、今では英検二級の長文問題を読めるまでに成長しました!

習いごとで毎日忙しい小学5年生のDくん

「将来はサッカー選手になりたい」といった夢を持つ小学5年生のDくん。サッカーの練習も確保しつつ、効率的な勉強時間も作りたいとのことでした。また、学校の宿題を家でできないため、塾でやりたいとのこと。

ビオスタディで提案したこと

塾では学校の宿題を自習として行い、わからない問題を授業で解消することを提案しました。また、演習時間は学校の宿題の他、予習をする時間と決めてあげました。

生徒さんの声

「サッカーが忙しいけど、勉強時間も確保したい。ビオスタディは勉強に集中できる環境が整っているから、塾にいる間は効率よく勉強ができる。先生が、わからない問題を質問する前に教えてくれる。授業の日には、1週間分の復習と予習ができるから、自習日には着実に力を身に付けることができた!」

塾長

Dくんは、ビオスタディに通い始めてから、サッカーと勉強を両立することができています。サッカーの練習日にはサッカーに集中し、塾にいる日は勉強に集中!学校の宿題を塾で行い、わからないところを1対1の授業でピンポイントに教えてもらえるから、着実に力がついてきています。

お子さまの勉強面での不安を解消するために、ビオスタディはお子さまひとりひとりの性格や生活スタイルに合わせて、最適な学習計画をご提案させていただきます。