塾で”自習室”だけ利用する意味ってあるの?~勉強しやすい環境~

こんにちは、個別指導塾ビオスタディです。

勉強するときは環境を整えることが大切な要素のひとつです!

  • なかなか集中ができない
  • 勉強していてすぐに疲れてしまう
  • 勉強のやる気が出ない

このような場合には、学習できる環境を用意することで、前向きに勉強できるようになります。

目次

勉強しやすい環境

  • テキストが広げられる机がある。
  • 椅子がある。
  • 勉強する教材がある。

テキストが広げられる机とは

勉強するときには、参考書とノートを広げる必要があります。
そのときに狭い机だと、ノートに問題を解くときに参考書を閉じないといけないです。参考書を閉じたり、開いたりするのは時間がかかってしまいます。

なので、A3用紙を広げられる机が良いです。

勉強に必要な椅子とは

多くの場合、椅子に座って勉強します。勉強に集中できる椅子の条件は

  • 床に足の裏がつく椅子
  • ふとももと脛が直角になる椅子
  • 深く腰掛けにくい椅子

このような椅子が勉強するときに、集中ができる椅子になります。

勉強に必要な教材とは

勉強するということは、教材が必ず必要です。

教科の勉強をするときに、教材はなんでも良いわけではありません。

学力に合ったテキストを選ぶことが必要です。

勉強に必要な環境は家にもある

そして、多くの生徒のお家には3つの条件はある場合が多いです。

「でも、勉強ができない!」

そう思うのが普通です。私も勉強するときは家でできないです。家でも勉強できるように机と椅子を買ったのに、すっかり洗濯物置きです。

いざ、勉強しようと思って片付けるところから始めるのは学生と一緒です知らんぷり

なので、小学生・中学生・高校生の気持ちがよくわかりますびっくりマーク

実は大切な勉強するときの環境があります!

  • 【人の目がある】
  • 【やらないといけないことが決められてる】
  • 【勉強する時間がある程度決まっている】

人の目があると勉強できる

見られていると、ちゃんとしないといけない。と思うことは自然だと思います。
家では勉強できないけど、塾の自習室や図書館などで勉強すると集中ができるというのも周りに人がいるからです。
実は人がいるだけでは効果が十分には発揮できないです。
最も効果が出るのは、周りも勉強している状況にいることです。
周りが勉強していると自分も勉強しないとと自然に思うことができます。

やらないといけないことが決められてると勉強できる

塾の自習室に必要なのは、場所だけではありません。「なにを勉強するか」が大事なことです!
勉強するときには、どれくらいのスケジュールで何を勉強するかを考える必要があります。
自分で自分だけに合う学習プランを作ることができない子や自分の計画に心配がある子は塾の自習室ならば、次の目標に向かって勉強内容を決めることができます。

勉強する時間が決まっていると勉強できる

一週間のスケジュールで、勉強する時間を決めていきましょう!塾の自習室を効果的に使う方法は最低限の自習室に来る日を決めることです。
授業の日・自習の日と決めていくことで、勉強する場所で自分に合う勉強法で学ぶことで最大限の成長することができます!
また、宣言することで塾も生徒のことを待ってあげることができるから、その日の勉強を用意することもできます。

勉強環境を整えると

勉強が継続できるポイントは環境を整えることです。場所だけでない環境を整えることで、勉強が継続できます。

やっぱり、自分の意思力だけだと勉強を続けるのは大変。。。

人の目が合って、周りも勉強している環境だと自分もしないといけないと思います。

自分がどの問題を解くかが決まってて、一週間のなかで、どの時間に勉強するかが決まっていると安定して勉強できるようになります。

ひとりでは決められないことも、塾で一緒に考えて「できる約束」をしましょう!

そうすれば、勉強することが継続できるようになります。

ビオスタディの”自習室”

個別指導塾ビオスタディでは、生徒一人ひとりと勉強の約束を作っていきます。

そのときには、どのタイミングでどのようなことをするかを確認していきましょう!

また、”自習室”のみを利用いただけるプランも用意しています。

必要なのは勉強量という生徒は個別の授業がなく、勉強する日と内容を決めて力をつけられるように一緒に頑張りましょう!!

目次