定期”テスト直前”にしてはいけないこと3選!+した方が良いことを紹介します!

“テスト直前”になると、テストに向けて何をすれば良いのか不安になると思います。

直前のテスト対策としてしてはいけないこと3つ紹介!

勉強しないことを決めることで、効率良く勉強することができます。

目次

テスト前の勉強での基本

中学生・高校生になると中間テスト、期末テストなどの定期テストが行われます。

中学1年生から急に定期テストが始まると、「どうやって勉強すればいいかがわからない」となりやすいです。

定期テストが難しい理由

中学生から始まる定期テストで点数を取ることは難しいです。その理由は

  • 数ヶ月間の授業内容からテストが作られる。
  • 5教科もしくは9教科が短期間でテストが行われる。
  • 学年が進級するごとに学習内容が難しくなる。
  • 科目によっては、以前の範囲からもテストが出題される。

定期テストがなかった小学生のテストと比べると中学生以降のテストは格段に難しくなります。

テストで点数を取るためにも、対策をすることが必須です。

定期テスト対策の勉強方法

定期テストで目標点数を取るための勉強方法は学校からの教材を繰り返し勉強するになります。

それは、学校の先生が作るテストは教科書やワーク・プリントから作られているからです。

①新しい問題集を解く


新しい問題集を解くと、できない問題が出てきて不安になってしまいます。
これまで使ってきたワークやテキストを繰り返しましょう!

②全く分からない問題をずっと考える


テストではできる問題を確実に解けることが大事!
直前では解答を読めば分かる問題を解いて、できるを増やしましょう!

③友達と状況の交換をする


1人で勉強していると不安になることもあると思います。
だけど、友達と連絡を始めると長くなってしまいがちです、気を付けてね!
範囲で不安は先生に聞くのが1番!

テスト直前”の対策した方が良いこと



これまで解いてきた問題を繰り返す

です!

確実に正解出来るのを目標に、時間かなければ見るだけでもOK!

でも、自分で(どの問題が正解できるか)って判断するのは難しいです。

個別指導塾ビオスタディでは生徒一人一人が点数を取れる問題を選んで、出来るまで丁寧に教えていきます!

目次